自発光ならではのコントラスト、LGエレの有機ELテレビ「65EG9600」を試す

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 2014年3月末でパナソニックがプラズマテレビ事業から完全撤退、家庭用自発光ディスプレイの灯は消え、それから1年半あまり大画面テレビは液晶タイプ一色となっていった。

WRGB方式の概要

 そこに一石を投じたのが、韓国LGエレクトロニクスのOLED(有機EL)テレビ、「EG9600」シリーズだ。今年の春に4Kタイプの55V型が、そして夏に65V型が登場したが、この65V型4Kモデル「65EG9600」の出来がとてもよく、液晶タイプに比べて値段こそ高いが、自発光タイプならではのコントラストのしっかりとした高精細映像で筆者を魅了した。

 次世代ディスプレイの本命と10年ほど前から期待された有機ELだが、大画面化・量産化の壁を乗り越えることができず、日本を中心とする多くのメーカーがパネル製造から撤退していった。そんな状況下、WRGB方式という独自路線を採ったLGディスプレイの有機ELが着実に大画面化・量産化を果たし、2015年に日本市場で4Kタイプのローンチに成功したわけだ。

 WRGB方式というのは、ホワイト系単色有機ELパネルにRGBに白を加えたフィルター(カラーリファイナー)をピクセルごとにかぶせてフルカラーを得る手法。製造がきわめて難しいRGB3原色発光方式ではなく、単色パネルのWRGB方式を採ったことでLGディスプレイは大画面化・量産化にメドをつけたわけだ。65V型は現在のところ世界最大サイズの有機ELパネルとなる。

 ちなみにLGディスプレイの幹部によると、55V型フルHDタイプの良品率(歩留り)はすでに80%を超え、4Kタイプも徐々にその数字に近づいているという。歩留り数%が常識だった有機ELの世界において、これは驚くべき数字だと業界関係者は声をそろえる。

 量産化への道筋をつけて供給態勢が整ったLGディスプレイは、日本や中国のテレビメーカーに盛んに有機ELパネルの採用を訴えており、既報の通り、パナソニックは欧州向けにWRGB方式のLGディスプレイ製パネルを用いた自社開発の有機ELテレビの発売を開始している。

 今のところ、日本市場向けの展開は考えていないと同社関係者は言うが、2008年暮れに発売されたパイオニア最後の「KURO」を使い続けている筆者のようなプラズマ・ファンの期待に応えて、パナソニックならではの高画質有機ELテレビをいち早く国内市場に投入すべきだろう。「日本市場ではパナソニック製液晶テレビがきちんと支持されているので、有機ELテレビを展開するつもりなし」などと寝言を言っている場合ではないのだ、まったく(などと書いていたら、2017年度をメドに日本市場に有機ELテレビ投入か? との予測報道が。果たして?)。

 さて、65EG9600に話を戻そう。先述の通り、本機は現在のところ世界最大サイズの4K有機ELテレビ。バックライトを必要としない有機ELは造形の自由度が高く、超薄化が可能。、本機は曲率5000R (半径5メートルの円弧)の緩やかなアールがつけられており、最薄部はわずか6ミリ 。あらゆる角度からためつすがめつ本機を眺めてみると、やはり液晶タイプとは違うスタイリッシュなかっこよさに心奪われてしまうのだった。

 機能面の主な特徴は以下の通り。ダブルデジタルチューナー搭載(4K用スカパー!チューナーは非内蔵)、外付けHDDでの録画対応、4K/60p/HDCP2.2対応のHDMI端子3系統の装備、「NETFLIX 」「ひかりTV」などのインターネット経由の4Kコンテンツ対応など。

 ちなみに最新の情報によると、ファームウェアのアップデートによって11月30日以降、USBやLAN経由の信号に関してHDR(ハイダイナミックレンジ)信号に対応できるようになるという。残念ながらHDMI入力に関しては非対応とのことなので、来年発売予定のUltra HD Blu-ray DiscのHDR信号には対応できないが、NETFLIXやひかりTVなどインターネット経由のHDR信号には対応する仕様となる。

●輝度や色域の拡大は難しいが漆黒の表現はケタ違い

 本機の有機ELパネルは、先述の通りピクセルごとにカラーフィルターを被せるタイプなので、輝度ロスが生じて明るさの確保が難しい。液晶タイプのようにバックライトの光量を増やして明るさを稼ぐことができないからだ。RGBに白を加えたフィルターを採用したのは、少しでも明るくしたいという理由があるのだろう。

 そんなわけで65EG9600の最大輝度は、HDRの理想表示の最低基準と目される1000Nitsには達していない。また、フィルター方式ゆえにRGB3原色発光方式に比べて色域を広げるのも難しい。65EG9600の色再現能力は、デジタルシネマ規格DCIをカバーする高級液晶テレビ並だと考えられる。

 とはいいながら、実際に65EG9600の画質をじっくりチェックしてみると、画素1つ1つの明るさを制御できる自発光タイプならではの魅力が横溢していることをリアルに実感することになる。

 なんといっても、漆黒の表現がケタ違いにリアルなのだ、液晶タイプに比べて。この黒々とした漆黒の表現にはげしく心を掴まれてしまう。直下型バックライト&ローカルディミング採用の液晶テレビの黒再現はとてもよくなっているとはいえ、平均輝度レベルが低い場面に白ピークが入ってときにその周囲がぼわっと明るくなる不自然なハロと呼ばれる現象が起きたり、シーン・チェンジでディミング制御が遅れて画面全体の明るさがガタついたりすることがあるが、自発光の65EG9600ならばそんな現象に出会うことはない。この安心感はとても大きい。

 また液晶テレビの主流であるVAパネル採用機のように、座る場所で色合いがシフトしたりコントラストが変化する不安定感がないのも本機の大きな魅力だ。狭視野角の問題は、液晶テレビが最後に解決しなければならない大問題だと、65EG9600の映像を見て改めて強く実感する。

 4Kタイプならではの精細感の表現も、液晶タイプとは一味違う精密さを実感する。スカパー!4Kで放送された東京の夜景を空撮した番組を観ると、微小サイズで捉えられた幹線道路を走るクルマのヘッドライトがにじむことなくくっきりと左右の分かれて見え、おおいに驚かされた。液晶タイプではとてもこうはいかない。こういう精細感の表現はやはり自発光タイプならではだろう。

 Blu-ray Discで映画ソフトも何枚か観てみた。部屋を暗くした状態で、じっくり映画を楽しむ画質モードとして「シネマ1」「シネマ2」の2つが用意されており、後者は色温度6500ケルビンを守ったモニター調の画質、前者はLGエレクトロニクス・ジャパンの画質担当エンジニアが感覚重視で造り込んだ画質で、色温度も6500ケルビンよりも高めに設定されている。

 この「シネマ1」の画質がとても好ましく、ハリウッド映画の白人女優のスキントーンの表現など実になまめかしい。55型の55EG9600は(試作モデルを観たかぎりでは)、ノイズ処理がうまくいっておらずザラついた画調だったが、65V型の本機はノイズも極小でとても見通しのよい映像が実現されている。

少し不満に感じたのは、本機の映像処理エンジンの性能。パナソニックの最高級BDレコーダー「DMR-BZT9600」との組合せでは、BZT9600で4Kアップコンバートして本機にHDMI出力したほうが断然高精細でハイコントラストな画質が得られるのである。

 BZT9600からフルHD出力して本機で4Kアップコンバートした映像は、比較すると全体に甘く映像にキレがない印象となる。本機を使いこなすポイントは、できるだけ良質な4Kアップコンバート信号を入力してあげることだと思う。

 それから、ハーマンカードンの技術協力を得たという音質だが、これは4K高精細を実現した画質にバランスするレベルには達していない。アンダースピーカー・タイプなのが1番の問題で、4K高精細の魅力が味わえるように近接視聴すると、音が画面下から聴こえてきて画像と音像が一致しない違和感が生じてしまうのである。本機のユーザーは、ぜひ本格的なステレオ・スピーカーを組み合わせて映画や音楽コンテンツを楽しんでいただきたいと思う。

●曲面も意外と面白い

 さて、これまで筆者は曲面ディスプレイの意義をまったく感じていなかったのだが、実際に本機を前にしてみて、その面白さを実感させられたことにも触れておきたい。

 スカパー!4Kで放送された「世界遺産 4Kプレミアム・エディション」のイタリアの古い教会の壁面を映し出した番組を、ゆるくアールがつけられた本機で見続けていると、映像に好ましい奥行感が付与され、あたかもの現実を直視しているかのようなパースペクティヴが得られることを実感させられたのである。

 LGディスプレイはすでに「ウォールペーパー(壁紙)テレビ」の試作モデルをIFAで発表しているが、バックライトを必要とせず、極薄化と自由な造型が可能な有機ELテレビにはデザイン上の計り知れない自由度があるわけで、これまでの常識を打ち破る、ぼくらをワクワクさせてくれる斬新な意匠をまとった製品の登場にも期待したい。

引用:自発光ならではのコントラスト、LGエレの有機ELテレビ「65EG9600」を試す


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×