NTTグループが大宮アルディージャのホームを“スマート化”



 NTTグループは、埼玉県のサッカースタジアム「NACK5スタジアム大宮」にて、無料の公衆無線LANサービス「ARDIJA FREE Wi-Fi」の提供を7月2日に開始する。また同スタジアムを、IT技術を活用した「スマートスタジアム」として、順次サービスを拡張していく。

【この記事に関する別の画像を見る】

 第1弾のサービスは、大宮アルディージャ対名古屋グランパス戦が開催される7月2日より提供される。

 来場者は、スタジアム内に高密度で配置された「ARDIJA FREE Wi-Fi」のアクセスポイントから、無料でインターネットに接続できるようになる。また、Jリーグ公式コンテンツを楽しめるビデオオンデマンドサービスや、大宮駅周辺の飲食店やクーポン情報の配信が開始される。団体用観覧席「ビューボックス」では、タブレット端末で食事をオーダーできるサービスが提供される。

 7月13日以降、スマートフォンを装着するとホログラムによる立体コンテンツを視聴できる「Kirari! for Mobile」などを生かしたイベントが実施される。

 「スマートスタジアム」の第1弾サービスではNTT(持株)のほか、NTTスポーツコミュニティ、NTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)、NTTアドが参画する。第2弾以降のサービスでは、NTTドコモ、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)、NTTデータ、NTTぷらら、NTTファシリティーズが参画を予定している。

ケータイ Watch,石井 徹

引用:NTTグループが大宮アルディージャのホームを“スマート化”


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×