コムテックから超コンパクト、2.7インチ大画面液晶ドライブレコーダー発売



コムテックから超コンパクト&2.7インチ大画面液晶を搭載した、日本製のドライブレコーダーが発売された。

[関連写真]

今回発売されたのはGPS非搭載の「HDR-102」、GPS搭載の「HDR-202G」という2モデル。地デジやナビへの影響を抑えるノイズ対策がなされており、ドライブレコーダーの基本機能であるエンジンONからOFFまでの常時録画や、衝撃を感知するGセンサー、任意で録画を行えるマニュアル録画をHD画質100画素で行う。

事故時に電源が切断されても、内部に搭載されたキャパシタによってファイル破損を抑えて保護する機能や、SDカードの破損もチェックする機能、大きな衝撃を感知したときに自動で録画を停止して、上書きを防止する機能を備えている。

再生は本体液晶ではもちろんのこと、パソコンで専用ビューワソフトでの再生も可能だ。

異なる周波数のLED信号にも対応しており、東日本/西日本でも安心して使用できる。夜間も明るく撮影出来る1/3インチイメージセンサーを搭載し、従来よりも鮮明な映像を記録する。

オプションでエンジンOFF時にも最大12時間録画可能な駐車監視ユニット「HDROP-05」にも対応し、駐車場での防犯対策にも効果的。

価格はGPS無しモデル「HDR-102」がメーカ希望小売価格2万0800円(税抜)、GPS搭載モデル「HDR-202G」はメーカ希望小売価格2万2800円(税抜)となっている。

《レスポンス 藤澤純一@Mycar-life》

引用:コムテックから超コンパクト、2.7インチ大画面液晶ドライブレコーダー発売


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×