多摩川河川敷でジョギングしたら、やけどした――原因は舗装 国交省が対策工事



 多摩川河川敷でジョギングしていたら、やけどした――そんなトラブルをめぐり、国土交通省関東地方整備局は4月20日、原因が道路舗装の材料だったと発表した。舗装に使われた石灰が雨で溶け出し、皮膚に触れて化学やけどを負った可能性があるという。同日から対策工事を行う。

【画像】トラブルが起こった場所

 トラブルは、神奈川川崎市の多摩川河川敷(丸子橋上流500メートル付近)で、ジョギングなどをしていた人がやけどのような症状を負ったというもの。けが人が出た区間約250メートルを4月5日から立ち入り禁止にしていた。

 国交省が調べたところ、道路の舗装工事で使う材料を取り間違え、舗装に含まれる石灰の量が過大になっていたことが判明。石灰が雨で溶け出し、強アルカリ性の水たまりができ、靴から浸み込んで化学やけどを発症した可能性があるという。

 これを受け、国交省は20日から対策工事を実施。立ち入り禁止区間の舗装を、2週間程度かけて整備し直すという。同省は「利用者の方々には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします」と謝罪している。

引用:多摩川河川敷でジョギングしたら、やけどした――原因は舗装 国交省が対策工事


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×