鈴与シンワート、インタークエストがS-Portクラウドサービスを採用



 鈴与シンワート(池田裕一社長)は6月29日、インタークエスト(岩松教雄代表取締役)が提供するASP予約システム「リザベーション・エンジン」とクラウド型データベースシステム「IQ-FORM(アイキューフォーム)」に、IaaS「S-Portクラウドサービス Vシリーズ」が採用されたと発表した。

 リザベーション・エンジンは、予約業務を大幅に効率化するASP予約システム。業種別にきめ細やかな設定が可能な予約画面を提供し、特殊な予約フローをもっている顧客の要望に沿ったカスタマイズにも対応している。一方、IQ-FORMは、ウェブサイトと顧客をつなぐ簡単・低価格・セキュアなクラウド型フォーム作成ツール。「ユーザー管理機能」「フォーム作成機能」「アンケート機能」「メール機能」の4つの機能から構成されるクラウド型データベースシステムとなっている。

 インタークエストでは、S-Portクラウドサービス Vシリーズの導入によって、保守・運用の作業負荷を大幅に削減するとともに、アクセス負荷の急激な増加への迅速な対応が可能となった。また、保守・運用にかかるコストを約30%削減している。

引用:鈴与シンワート、インタークエストがS-Portクラウドサービスを採用


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×