デル、中堅企業の「ひとり情シス」を支援するクラウドサービスを提供



 デル株式会社は6月30日、株式会社ラクス、カゴヤ・ジャパン株式会社、エックスサーバー株式会社の3社との協業モデルを通じ、中堅企業の「ひとり情シス」を支援するクラウドサービスを本日より提供開始すると発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同日に行われた会見では、中堅企業向けクラウドサービスを展開する背景および概要を説明したほか、協業3社が提供するサービス内容を紹介した。

■中堅企業向けの代表的なソリューションをワンストップで提供

 今回のクラウドサービスは、中堅企業がクラウド化に着手するうえで代表的なソリューションを体系化、ワンストップで提供できる体制を構築し、初期のクラウド化への対応ソリューションを提供するもの。サービス提供にあたって、市場での評価が高いラクス、カゴヤ・ジャパン、エックスサーバーの3社と協業し、中堅企業からの利用ニーズが強い、汎用情報系および汎用業務系の各種クラウドサービスをそろえた。

 中堅企業向けのクラウドサービスを新たに展開する経緯について、デル 広域営業統括本部 執行役員 統括本部長の清水博氏は、「当社は、今年に入って中堅企業向けの販売戦略を強化してきた。まず、1月から中堅企業向け全国セミナーをスタート、2月には中堅企業のIT投資動向調査と戦略を発表、3月から中堅企業向けクイックウィンソリューションを提供開始した。4月からは、インサイドセールスを50人採用して大幅増員。5月には、中堅企業のバックアップ環境に関する追跡調査を発表した。こうした取り組みを踏まえ、今回、中堅企業向けのクラウドサービスを提供開始する」と説明した。

 デルがクラウドサービスを販売する背景については、「顧客のプロジェクトでクラウドの適合分野が広がり、クラウド要件の一部が含まれる案件が増加してきていた。また、『ひとり情シス』の顧客から、時間的な制約が多く、新規サービスの検討がしにくいため、1つの窓口で購入したいという要望が高まってきていた。こうした中で、当社のインサイドセールスが、ITコーディネーターなどの資格を取得し、ITインフラコンシェルジュからクラウドコンシェルジュへとレベルアップし、顧客へのクラウド提案が可能になってきた」(清水氏)としている。

 中堅企業向けクラウドサービスの提供にあたり、ラクス、カゴヤ・ジャパン、エックスサーバーの3社と協業した理由としては、「顧客との会話の中で、中堅中小企業分野で高い納入実績がある企業が判明したこと」「中小中堅企業向けのコストセンシティブな市場で、長期間実績を上げ続けていること」「協業企業の顧客とデルのターゲットが同一で、レバレッジが図れること」「3社ともにデル製品を運用しており、今後のハイブリッド展開を考慮して、デル製品の経験、運用の親和性に安心できること」の4点を挙げている。

 提供するクラウドサービスのメニューは、汎用情報系と汎用業務系の大きく2つのカテゴリに分かれており、汎用情報系では、電子メール、グループウェア、ナレッジ共有、ブログ/ホームページ、ファイル管理、バックアップを用意。一方、汎用業務系では、経費精算、交通費計算、帳票発行、給与明細、ワークフローをラインアップしている。

 デル インフラストラクチャ・ソリューションズ事業本部 広域営業部 部長の木村佳博氏は、「当社が実施した中堅企業のIT投資動向調査結果によると、IaaSの導入が18%と限定的であるのに対して、アプリケーション用途のクラウド利用は51%を占め、増加傾向にあることがわかった。また、バックアップなど補足用途のクラウド利用も23.9%と増加していた。さらに、『総務省 平成28年版 情報通信白書』のクラウドサービスの利用動向から、中堅企業のクラウド利用全体の72%がファイル保存、電子メール、サーバー利用、スケジュール共有、社内情報共有、データバックアップで占められることが明らかになった」との現状を説明。

 その上で、「こうした状況を踏まえて、中堅企業のニーズに特化したアプリケーション・クラウドサービスをラインアップした」という。

 また、「これらのクラウドサービスを利用することで、『ひとり情シス』の課題を解決し、業務や管理を徹底的に自動化することができる。評価可能な単位で計画的に導入することが可能で、当社のクラウドコンシェルジュが適切に提案を行う。さらに、今後のグローバル展開も見据えて、グローバルでの利用環境も同時に提供する」と、その導入メリットを訴えた。

■3社から多様なサービスを提供

 協業3社が提供する具体的なクラウドサービスとしては、ラクスでは、経費精算・交通費精算の「楽楽精算」、帳票発行・給与明細の「楽楽明細」、ワークフローの「働くDB」、電子メールの「メールディーラー」を提供する。

 ラクス 代表取締役社長の中村崇則氏は、「当社が提供する4つのクラウドサービスを通じて、リソースの限られた中堅企業のIT化に貢献するとともに、『ひとり情シス』の業務効率化を支援していく。当社のクラウドサービスは、導入が簡単で、手ごろな価格設定となっている。また、万全なセキュリティ機能を備え、充実のサポート体制を整えている。さらに、必要に応じて拡張・縮小が容易にできる点も特徴となっている」と語った。

 カゴヤ・ジャパンでは、電子メールの「メールエンタープライズ」、グループウェアの「desknet’s NEOプラン」、ファイル管理の「ファイル管理プラン」、バックアップの「クラウドバックアップ」を提供する。

 カゴヤジャパン 代表取締役の北川貞大氏は、「当社のクラウドサービスを利用することで、『ひとり情シス』が抱える機器の運用監視・障害対応の業務負担を解消できる。また、当社では、サービスを提供する土台となるデータセンターを自社所有しており、自社のエンジニアが24時間365日常駐しているため、突発的な障害への対処も迅速に行える。サポートセンターについても、技術的な知見が豊富で高い評価を得ている」とクラウドサービスの特徴を紹介した。

 エックスサーバーでは、ホームページ/ブログの「WordPress」、ナレッジ共有の「PukiWiki」を提供する。

 エックスサーバー 取締役 最高技術責任者(CTO)の辰巳準之介氏は、「当社のクラウドサービスでは、個人ユーザーで培ってきた価格、安定性、機能性、サポート体制を提供する。『ひとり情シス』では、時代の変化に応じて最適な環境や機能にアップデートでき、導入後の運用・更新コストを削減可能だ。特に、当社のクラウドプラットフォームは、運用サイト数が130万件以上に達し、最新の高性能サーバーマシン、大容量ネットワーク環境などによる圧倒的な高速性能を実現している。さらに、稼働率99.99%以上の高い安定性や快適な利用を支える充実した機能群も兼ね備えている点も強みになっている」と述べた。

クラウド Watch,唐沢 正和

引用:デル、中堅企業の「ひとり情シス」を支援するクラウドサービスを提供


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×